メインイメージ画像

保育士は不足しているため年齢を問わず求人が多い職業です

最近の状況を考えてみると、現在日本は、少子高齢化が進んでいます。そのため、保育士の仕事が減っていると思っているような方も少なくないのかもしれませんが、一概にそうとはいえません。厚生労働省の方針で、子育て支援をするための施策が行われ、待機児童をなくすために保育施設の拡充が行われています。そのため保育士の求人が増えつつあります。少しずつですが、子供手当などの支援で、出産率の低下にも少しずつ改善の兆しが見え、保育士の需要も延びると考えられます。



また保育園などのみではなく、今日は、商業施設で子供を預かるサービスをしているところもあり、保育士の資格を持っていると優遇されるトレンドにあります。さらに企業内に託児所を設置している会社も近年増え、そこにおいての雇用も広がりつつあります。託児所があることにより、貴重な人材が離れていくことを防ぐこともでき、保育士の雇用も増えるという良い部分も、そこにはあります。

併せて保育士の資格には、年齢制限がありません。

そのため保育士の資格を取るには、年齢を問わずに勉強するチャンスはありますし、資格を持っていれば、子どもに手がかからなくなった後で、もう一度働くこともできます。資格は専門学部や学科を卒業していなくても、通信講座などで受験資格を得て、保育士試験に挑戦し、取得することも可能です。通信講座を学習しながら、ピアノのレッスンをしたり、実技講座を受講したりすることも可能です。

ただ保育の仕事は、肉体労働ともいえる部分が大きく、体力的な厳しさがあるのも現実です。

そのため保育士の平均年齢が35歳前後になっています。フルタイマーに絞ると30代以降の人には狭き門といえますが、パートタイマーの場合、40代だろうが、50代であろうが求人は沢山あります。体力がいるような仕事なので、年齢が上がると難しい部分もありますが、子供の人数が少ない職場や、短時間勤務など労働の条件を工夫すれば、年齢に関係なく十分務まる仕事です。現在では保育園に限らず、学童保育所やその他の施設からの需要が高まっていて、中でも育児経験豊富な人は、喜んで採用されるのではないでしょうか。